太っていると臭い?ダイエット薬品を使ってこれからの季節を乗り越えよう!

太っていると臭い気がしませんか?暑くなってくる季節に入る前にダイエットを考えてる人も多いはず。太い=臭いのではなく汗で細菌が繁殖するのが原因です。でも太っていると人よりかなり汗をかいちゃいませんか?その汗の臭いが気になるなら飲むだけで痩せるダイエットしちゃいましょう!

*

汗ってどうして出るの?汗の種類と役割

      2016/07/02

人は暑いときに汗をかきます。

もちろん体の中でも、体の節目や顔などといった出やすいところ、手足といったそうでないところはありますが、その必要に応じて、少なからず全体から出る仕組みになっています。では、いったいどんな状態の時に体温が上がって汗をかくのでしょうか。

一定の体温にするための汗

体温が上がれば汗が出る仕組みですが、なぜかと言うと、人は恒温動物と言われる生き物でありますから、体内の温度を常に一定に保とうとする機能が生まれつきに備わってあります。

したがって、体温が上昇した時に、その中にたまった温熱を外に発散させ、体内の温度が保ち、バランスをとろうとする役割をもっているのが汗というわけです。

精神的な汗

しかし一口に体温が上がるといっても様々な種類のものがあります。

精神的に驚いたり、自分自身に焦りを感じた時にかく「冷や汗」というものもあります。自分自身が、しどろもどろになるような出来事が不意に起こった時や出くわした時には、自分の意志に関係なく、じわじわと出てくるものですが、これも驚くことによって、感覚にはなくとも一気に体温が上昇しているのです。

やはり体内の温熱を発散させる仕組みとなっているのです。

辛い物を食べた時の味覚の汗

また、何かを口にした時にも、同じことが起こります。特に辛いものを食べた時で、辛い刺激物を口にした時にもかきます。

これに対する原因は、ここまでくれば予想はつくかもしれませんが、仕組みはまさに同じです。辛いものを食べることによって、体にとって急激な刺激となり、体温が上昇します。その上昇を抑えようとすることによって、熱を発散しようというわけです。

汗をかく事でバランスを取るのは重要

このように、単に自分自身の周りの気温が暑いと感じるときだけでなく、精神的、味覚的にも体内に刺激となるようなことが起こり、熱が生成されることになれば、その熱を発散して、体のバランスを整えようとする、体の防衛機能とも言えるものが汗といわけです。

私たちの体はいつも大切な機能によって、守られているということです。これは人にとってなくてはならない機能であり、とても重要なものとなっています。

しかし、その成分はもちろん水分であるわけなので、この重要な機能をしっかりと働かせるために、体内に水分があることが必要条件となっています。暑い時に必ずしも起こりうるわけではなく、しっかりと水分補給が出来ていない場合においては、生成することが難しいくなり、脱水症状を起こしてしまう危険があります。

それと、1つ違いがあるとすれば、運動などによって汗をかいた場合には、スポーツドリンクのように多少の塩分は取っておいた方がいいでしょう。つまり体内環境をよくするということは、少なからず1つの要因で出来上がるというわけではないという事です。